コーナー
女性用実印
アカネへ
柘(つげ)に近い品質で、成長の早い樹木です。
これまでは、つげ科つげ属の木と、このアカネ材を総称して柘と呼んでいました。硬質できめ細かく、木材の中では最も印材に適しています。
柘は以前、国内で賄えていましたが、成長が遅い事・国内の自然保護のため生産量が減り、アカネ材の割合が増えています。
当社では、アカネ材を使用しています。
原産国/鹿児島、御蔵島・三宅島(柘)と、中国・台湾(アカネ)
詳細は、緑枠内をクリック
黒水牛へ
偶蹄目ウシ科ウシ亜科の哺乳類の角、水牛の角で東南アジア・アフリカ産の物のみを黒水牛と呼びます。
硬質で繊維質が強くネバリがあり、比較的安価なので数多く使用されています。
原産国/東南アジア・アフリカ
詳細は、緑枠内をクリック
牛の角(色)へ
黒水牛以外の牛の角の内、白色・色柄の角を加工したもの。
以前はオランダ水牛・白水牛とも呼ばれていました。
オランダと言っても原産国がオランダでは無く、以前アジアの原産国が、オランダの統治下にあった事に由来します。
原産国/東南アジア・アフリカ・オーストラリア等
詳細は、緑枠内をクリック
象牙へ
象の門歯、固くきめ細やかで印鑑の材料としては最高とされています。密漁による絶滅から守るため、ワシントン条約で取引が厳しく規制されています。日本でも取り扱い業者は登録し、印材一本一本に正規のルートで輸入された象牙である事を証明する、通産省発行のシールを添付するよう指導されています。
特定国際種事業届出に係る事業者番号:
金井印房/T-3-12-100003
原産国/アフリカ
詳細は、緑枠内をクリック
戻るボタン
トップページへ
バー
All Right Reserved by Kanai-inbou